風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

TOP > 風速センサーについて > アプリでも確認可能な風速センサーの情報

アプリでも確認可能な風速センサーの情報

昨今では、多くの方々がスマートフォンを活用しています。
街を歩いていれば、それを使用している方々もよく見かけます。
ちなみにそれを使う為には、原則としてアプリも必要です。
ところで風に関する情報を知りたい時には、風速センサーがよく活用されています。
現場の状況を知る為には、風の強さは非常に重要だからです。
そしてセンサーは、実は上記のアプリとも大きな関連性があります。
昨今では、アプリでセンサーが蓄積しているデータも確認可能だからです。
従来はセンサーが蓄積したデータは、パソコンでないと確認不可能でした。
基本的には、パソコンにデータが送信されていたからです。
しかし昨今では、センサーのデータはクラウドに蓄積されています。
クラウドでしたら、アプリでも簡単に確認可能です。
つまり風速センサーのシステムは、常に技術が進歩している訳です。



風の強さを基準に風速センサーを選ぶ

日によっては、少々強い風が吹いてくる事もあります。
その逆に、風力が少々弱い日もある訳です。
つまり風に関する状況も色々ある訳です。
ところでその風の強さは、風速センサーを選ぶ基準の1つになります。
センサーは、実に様々なタイプがあります。
それでセンサーの設置を検討する法人としては、どのタイプにすれば良いか迷っている事もあります。
ところでセンサーは、それぞれ感知できる風の強さに関する違いがあります。
例えばAという製品の場合は、弱い風を感知する能力に長けているとします。
その逆にBという製品でしたら、むしろ強い風に強みがあるタイプです。
そして自分がセンサーを検討している場所では、強い風がよく吹いているとします。
その場合は、AよりはBの方が望ましいと言える訳です。
設置する場所の環境も色々ありますから、状況に合わせて最適な製品を選ぶと良いでしょう。



電子機器の開発時に使える小型風速センサー

電子機器の中には、排熱処理が重要になるものも多いです。
携帯電話などはすでにファンレス化が進んでいるので排熱の必要がほとんどありませんが、デスクトップパソコンや一部のノートパソコンでは、まだまだファンによる排熱処理が不可欠です。
こうしたファンによる排熱が必要な電子機器を設計するときには、風の流れについても研究しなければいけません。
ファンを回すことで、筐体内のどこにどれだけの風が流れるのか把握しなければ、熱暴走を起こす不良品を量産してしまうことにもなりかねないわけです。
設計の際には、コンピューターを使ってシミュレートしていきますが、実際に超小型の風速センサーを内部に設置して、風の流れを把握することもあります。
今の時代は、小指の先よりも小さい風速センサーがありますから、それを筐体内に埋め込んでテストをします。

次の記事へ