風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

TOP > 風速センサーについて > 様々なタイプの風速センサー

様々なタイプの風速センサー

 風速センサーは、風速を計測出来る機能と風向を計測出来る機能の両方を備えたもので、風速と風向を同時に計測することの出来る機器となってます。風速計と風向計を一つにすることによって、設置個所や費用を抑えることが出来るようになってます。
 風速センサーには、数多くの種類があり、その中でも比較的多く利用されているものとして、風杯型、風車型、超音波型のタイプがございます。風杯型の測定器とは、風杯といわれる半球型又は円錐形のカップを3方向あるいは4方向に設置したものとなってます。
 この風杯に風が当ると回転し、この回転速度や回転数を測定することで、風速を計測することが出来るようになってます。また別途、矢羽根式の風向計も設置しており、風向計で風向きを同時に計測することが出来ます。

 測定方法は風向きに対しては、磁気ホール効果センサー、風速に対してはリードスイッチで行うことになります。風車型の測定器とは、機器本体の先端に風車、後部に風見機能として垂直尾翼を有したものとなってます。
 風車は風上に対して、常に正対するようにし、風車の回転速度や回転数から風速を測定し、機器本体の向きから風向きを測定することが出来ます。また、風速計がAC 周波数のため、風速センサー出力に対応出来る測定器等が必要となります。
 超音波型の測定器とは、超音波を利用して、風向きや風速を測定するものとなってます。超音波を発する方向の数から、2次元型と3次元型の測定器がございます。

 特徴としては、微風にも対応できる高精度の測定が可能で、耐久性やコストパフォーマンスにも優れている測定器となります。また測定器自体が風速センサーとなっており、3次元型はビル風や橋等の乱気流に対する測定も可能となってます。
 このように、風向風速計には様々なタイプがあり、計測の対象や設置場所、コスト面も含めて、適所に設置することが大切になってきます。測定器の用途としては、様々な場面で使用されてます。風は気象状況や気候の変化を読み取るための重要な要素となってます。近年では、多数発生している爆弾低気圧や集中豪雨、大規模の台風等、その発生予想、被害状況を事前に予測する材料として、風向風速が測定されてます。
 また、この測定値を基準に、強風や暴雨風、波浪の注意報や警報を発令するため、事前の災害対策として、重要な役割を担っているということです。天気予報でもこの測定値は、雲の動きや花粉の飛散状況を予想するためのこの計測値は重要な指針となってます。
 また、航空機や船舶、電車などの交通・輸送機関に対する安全運航の判断基準にも利用されてます。このように風向風速計は私達の生活の中の様々なところで活用されており、今後も風力発電や太陽光発電の普及、大気汚染の被害状況等によりその役割がますます重要になってきます。

次の記事へ