風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

TOP > 風速センサーについて > 風速センサーを設置するメリットと管理の心得

風速センサーを設置するメリットと管理の心得

風速センサーは風の強さを自動的に測定することが出来る機器です。
風の強さは生活に大きな影響をもたらすため、常に状態の確認を行う必要があります。
特に高所での作業や農作物の育成など、風の強さが業務の遂行を左右する業種は正しい風速値の算出が不可欠です。
風速センサーを使うことで瞬時に風の強さを客観的な数値で知ることが可能になります。
風速センサーを取り付ける際は余計な刺激を受けない場所を選ぶことが重要になります。
遮へい物のない見晴らしが良い場所に機器を置くのが最も正しい数値を出すための条件です。
都市部では建物の壁に沿って一時的に強風が発生することもあるので注意が必要になります。
その一方で計測の目的によっては遮へい物の近くに機器を置く場合もあるため、風の強さを調べる目的に合わせて機器を選ぶように心がけます。



風速センサーでリアルタイムに正確な値を検出だ

世の中には至る場所で風速計が設置されています。
その風速計は気象庁の各観測現場で気象の情報を提供するだけでなく、鉄道の橋梁や築堤上など風の強い場所にも設置をされています。
それで風の強さを観測して、風が強すぎれば警戒情報を出したり、抑止手配を行ったりなどします。
ただ風速計を取り付けても、その現場に常に人間を配置しておくわけにはいきません。
その人間に代わって風速センサーを取り付けて24時間常時リアルタイムに遠隔操作でコンピューターと連動して情報を逐一知らせてくれるようになります。
このセンサーにもいろんな種類がありますが、いずれも大事なのは厳しい屋外の気象条件に耐えられなければならないことです。
そのために凍結防止対策などを施していて、一部の種類ではヒーターで温められるようになっていたりします。
また屋外気象観測とは別に屋内での建物の空気環境測定のためにも利用されます。
この屋内の空気環境測定の場合は、無線機のような形をした小型の携帯型端末で人間がその端末を見て観測をするようにできています。



風速センサーの種類と仕様と重要性

昨今は気象の予報を詳細にテレビやラジオで流したり、インターネットで気軽に気象を予測できるようになりました。
気象予報をするには、様々の気象要素の組み合わせになりますが、風速を計測する事も重要な要素の一つです。
風速センサーは通常、風向きと風速を併用して計測する事が多く様々な形がありますが、現在は設置する場所や予算により選択できるようになっています。
一般的に使われているのは、飛行機型の風向風速計で、風速サンサーが起動する起動風速は05m/sec、主力形式は0~1Vの電圧又は4~20mAの電流出力が使われています。
検出された風速は電圧又は電流でモニターに繋がれ表示されたり、上位のシステムと連結して半固定式風速センサーで風向風速計測システムとして完結する事となります。
風速センサーが設置される場所は様々なので設置される気候条件などにも対応する必要がありますが、例えば観測員が現場で風速を測りたいときには携帯型のプリンター内蔵の簡易風速計で計測する事も可能です。
最近では超音波による風速、風向を測定する超音波風速、風向計も一般的に使われるようになってきました。

次の記事へ