風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

TOP > 風速センサーについて > 風速センサーを設置する場所の決め方

風速センサーを設置する場所の決め方

風速を計測する時は障害物がない場所を選ぶと向きや強さを正確に把握しやすく、生活に支障をきたすことがないように避難勧告ができます。
風は強くなると物が飛散して危険なため、風速センサーを使って強さを正確に計測して対策をする方法が望ましいです。
設置する時は費用がかかるため風通しが良いことを確かめ、頻繁に向きが変わりやすい場所を選ぶと効果があります。
風速センサーは台風や大雨などの異常気象が起きた時に重要な役割があり、住民が安心して生活ができるように使うと便利です。
設置する場所は近くに高いビルなどの建物があると計測しにくく、屋上などを選ぶとリアルタイムで風の状況を記録できます。
風速センサーを設置する場所の決め方はデータを正確に記録できることを確かめ、高い場所を選ぶなど周辺の状況に応じて決めることが大事です。



熱線式の風速センサーの持つ特徴

風速センサーの種類の一つである熱線式のセンサーは、加熱した白金線や半導体などの媒体が風で冷却される程度を計測することによって、風速を判断するという仕組みのセンサーです。
微風や弱風の測定にも対応しており室内の気流測定を得意としているため、工場内のクリーンルームや分煙室などに多く整備されています。
サイズも持ち運びができるコンパクトなサイズで、風向に関係なく測定を行うことができます。
使用方法はスイッチを入れてセンサーを加熱し、風を測定したい場所にセンサーを向けて一定時間そのままにしておくだけと非常にシンプルです。
ただし、長時間にわたって観測し続けることはできず、精密機械なので乱暴に扱うと不具合が生じてしまいやすい面もあります。
更に過度の温度や湿度の影響を受けやすく、ちょっとしたホコリ等にも気を付けなければいけないという欠点もあります。



風速センサーのデータを管理する

風速センサーで集めたデータを今は特定のパソコンに送信してもらうことができます。
設定を変えればパソコンだけではなく、スマホや携帯からでもチェックをすることが出来るようになっているので便利です。
データの管理は結構面倒ですし、手間もかかってしまうので、一括で自動的に管理をすることが出来るのであればとても助かります。
データをチェックしてその上で傾向も分かってきます。
データから分析をして、どういう時にどういう災害が起こりやすくなるのか、ということも分かるようになれば、自然災害への対策も取ることが出来るようになります。
役所や消防署、警察署など特定の場所に設置をすることが警報を出す際の基準ともなってきます。
人の命を守るためにはどうしても事前に風速など自然の異常をチェックして先読みをすることが大事になってきます。

次の記事へ