風速センサーでお困りならここで見つかる!風速センサー徹底比較!

TOP > 風速センサーについて > 風速センサーを設置する場所を選ぶポイント

風速センサーを設置する場所を選ぶポイント

風速センサーは風の強さや向きを計測することができ、台風などの悪天候の際に避難勧告を出すために参考にすると役立ちます。
風の向きや強さは場所によって大きく変化しやすく、強くなれば物が飛散して危険な状態になるため動向を的確に分析することが大事です。
風速センサーは様々な機能があれば幅広い情報を分析できて便利ですが、価格が高くなるため内容を比較して決める必要があります。
風の強さは安全に生活をしやすい状態にするため正確に分析することが求められ、設置する場所を正しく決めることが重要です。
風は強くなると窓ガラスが割れやすくなるため注意を促す必要があり、最新の状況を的確に分析することが求められます。
風速センサーを設置する場所を選ぶポイントは周囲から遮られないようにすることを考え、障害物を避けて決めると効果が高いです。



目的に合った風速センサーを選ぼう

一般に、風速計と呼ばれる風速センサーは、自然環境や室内環境、工場のダクト内や環境調査等での風速測定に用いられる計測機器です。
機器の種類も多様で、感知するセンサーにも熱線式、ベーン式、ビトー管など様々な種類があります。
また、風速だけでなく温湿度、照度なども同時に測定できたり、平均値を自動で計算してくれる機器やデータを保存できる内蔵メモリ付きなど、様々な種類の風速計があります。
特に、換気空調システム内での測定や工場等にある大型ダクト内での測定に特化した物が数多くあり、スティックタイプ、排気口に取り付けられるフード付き、またはコンパクトサイズだったりと大きさや形に工夫した物が数多く販売されているのも特徴です。
もちろん、機能や大きさ等で価格にもバラツキがありますが、どこでどのような目的で風速計を使うのかをよく考慮して購入するのが良いと思われます。



風速センサーを設置する場所はどこか

風が強いと安全に関わることもあります。
工事現場では一定の風速に達してしまうと工事を中止しなければいけない、ということもあります。
実際にどれくらいの風なのか、数値でチェックをするために風速センサーを設置することがあります。
設置をすることによってデータの管理も行うことができますし、過去の情報も纏めることが出来るようになります。
自動的にパソコンやスマホなどの端末に情報を送信してくれるシステムもあります。
安全に施工をするため、仕事をするためには風速センサーは欠かすことができません。
昔は吹流しでチェックをしていることが多かったですが、そうなると目視でのチェックになるので確かな数値で管理をすることはできません。
同じ地域でも設置をする場所によって風の感じ方は異なってくるので、適当な場所を見つけることも大事です。

次の記事へ